▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲飯田線の駅INDEXへ
柿平 KAKIDAIRA
あまり注目されない「秘境駅」。駅前に民家は1軒、駅自体は森に宇連川沿いの森に囲まれており、静かな駅ですが、秘境駅の宝庫飯田線においてはレベルが低いのでしょうか。

駅舎のない駅です。ホーム端に公道踏切があり、そこからスロープでホームへ上がります。ホーム中央には待合室があります。(H17.8撮影)
ホームは1面1線です。 待合室の内部。立派な木製ベンチがあります。
ホーム入口脇には山道の入口もあり、ホームの裏手へ続きます。どこまで行く道なのやら。 ホーム下り方は木陰であまり日が当たらないようで、苔むしていました。個人的にこの駅の、最も印象深い光景です。
快速列車が接近。この小さな駅は当然のごとく通過していきました。 駅脇の道路は駅のすぐ手前で宇連川を渡ります。駅前の橋からはこのような渓谷が見られます。
駅データ
駅名 柿平(かきだいら)
所在地 愛知県新城市豊岡
隣駅 ←三河槙原 三河川合→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲飯田線の駅INDEXへ