▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
井原鉄道
早雲の里荏原駅で離合する普通列車
JRの伯備線総社と福塩線神辺を、山陽本線の北方10キロ前後を並走するように結ぶ井原線を運営する第3セクター会社。井原線は平成11年1月11日のイチ並びの日に開業した路線。起点の総社と隣の清音まではJR伯備線を使用する第二種事業者で、また終点神辺方ではJR福塩線を介して福山駅まで乗り入れる列車も設定されています。
開業は平成以後と新しいですが、大正期には井原と笠岡、神辺、矢掛を結んだ井笠鉄道が走っており、井原線も国鉄の計画線を開業させたものです。路線の一部は井笠鉄道のルートをほぼトレースし、井原市を中心に、ローカル線としては沿線人口は少なくはありません。
とは言えJRの地方の支線同士を結び、日常的なバイパス線でもないこの路線は、やはり経営的に順風満帆とはお世辞にも言えず、平成11年の開業をレポートした雑誌記事の見出しに「イバラの道」とあったことは個人的には記憶に鮮明です。
ローカル輸送に徹するしか道のないこの路線は、各駅にパークアンドライド用駐車場を整備するなど地元の利便性に配慮し、また地元食材を利用した食品を販売して、フリー切符の特典とするなど地元アピールによる観光客の取り込みを図っており、今後のローカル線の進むべき道を模索している様が伺えます。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
井原線
総社 橋上 総社市 岡山県 伯備線
清音 新RC/S 伯備線
川辺宿 高架 倉敷市
吉備真備 高架
備中呉妹 なし
三谷 新RC/S 矢掛町
矢掛 新木造
小田 新RC/S
早雲の里荏原 なし 井原市
井原 新RC/S
いずえ 高架
子守唄の里高屋 高架
御領 高架 福山市 広島県
湯野 高架
神辺 新RC/S 福塩線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ