▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
梶屋敷 KAJIYASHIKI
糸魚川市東側の地区にある駅。周囲はそれなりに独自の街を形成しており、それがまたのどかな雰囲気を醸しだします。手前の糸魚川駅との間にデッドセクションがあり、北陸本線では長浜以来の直流電化の駅になります。

木造駅舎。入口廻りは最近外板補修されたのか、傷みはなくきれいです。回廊のある駅舎です。(H23.5撮影)
手書きの駅名板。もう少し古めかしかった記憶があるのですが、新調されたのか、単に掃除しただけなのか、はたまた記憶違いか。 駅舎内。窓口が残っていますが使用されていません。無人駅です。
ホームは2面2線。画面の真ん中の線路は途中で切れており、使用できません。 ホームは、乗り場は千鳥配置ですが、下りの1番ホームが極端に長いだけ。デッドセクションと関係あるのでしょうか。
かなり低いホームです。画面奥の端はやや嵩上げされていますが、乗り場はこのあたり。当然車両入口には大きな段差ができます。 車両とホームとの段差がこれくらい生じます。車輪が完全に見えています。
駅データ
駅名 梶屋敷(かじやしき)
所在地 新潟県糸魚川市大字田伏
隣駅 ←糸魚川 浦本→
備考 えちごトキめき鉄道梶屋敷駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ