▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ
倶利伽羅 KURIKARA
石川県の都市間輸送は大聖寺駅から七尾駅がメイン。唯一そのルートから外れた小駅には、何をするでもなくボーッと過ごしたくなるような空気が流れています。また下関から青森へ鉄道で日本海沿いに進むとき、この辺りが丁度中間点になるそうです。

木造駅舎です。改築駅だと思っていたのですが、改修のようです。JR後間もない時期だったように記憶していますが、その後トイレの改修なども行っており、比較的傷みはありません。(H15.10撮影)
駅舎の資産標。躯体そのものは明治期のものだそうです。 駅舎内。近距離券売機があります。窓口があった痕跡は完全にありません。
跨線橋に「気をつけて」「いってらっしゃい」などの文字が。ホーム側は「おかえりなさい」などと。 1面2線のホーム。その外側にはそれぞれもう1本ずつ線路がありますが、どちらも途中で切れています。
貨物用ホームの跡でしょうか。駅舎脇には今はなにもありませんが、スペースがあり、峠の麓の駅として賑わった形跡が見られます。 ホーム中ほどにある木製の看板。源平の合戦の行われた地ですが、古戦場までは歩いていくにはちょっとキビシイ。
ホームには古い待合室と駅事務室があります。無人化されて久しいですが、比較的最近までここに駅員が常駐していました。 ホームと駅舎の間には若干のスペースがあり、資材置き場となっています。倶利伽羅峠の経路切替前の旧線時代の構内跡地で、コンクリート製の水路橋などの遺構も見られます。
駅データ
駅名 倶利伽羅(くりから)
所在地 石川県河北郡津幡町字坂戸
隣駅 ←津幡 石動→
備考 IRいしかわ鉄道倶利伽羅駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線(廃線)の駅INDEXへ