▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ
牛ノ谷 USHINOYA
加越国境を越える熊坂トンネルの手前にあります。周囲は民家が2、3軒。ただし工場やゴルフ場、高速道路も近くにあります。余談ながら西日本の地名では「谷」は「たに」と読むケースが多く、ここも「うしのたに」と読んでいる人もちらほら見かけます。

大屋根一体の庇が中央にくる木造駅舎。春江駅舎をカットしたような小型のもの。待合室はガランドウで少し寒々しいです。(H17.10撮影)
駅舎内。窓口があった痕跡は全くありません。 構内踏切。北陸本線では珍しく、通過列車本数の多い近江塩津〜富山間ではこの駅と新疋田駅だけです。
ホームは1面2線。あまり広くない、カーブしたホームです。 ホームの雪量標。県境の峠駅とは言え最近は特にこれが埋まることはないでしょう。
ホーム上にある密閉型の待合室。耐寒耐雪のほか、ホームが狭いので通過列車対策でもあるのかもしれません。 上下線間に留置線があり、保線車両が休んでいました。
駅データ
駅名 牛ノ谷(うしのや)
所在地 福井県あわら市牛ノ谷
隣駅 ←細呂木 大聖寺→
備考  
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲北陸本線の駅INDEXへ