▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
肥薩おれんじ鉄道
HSOR100形普通列車(肥後高田駅)
平成16年、整備新幹線である九州新幹線の新八代〜鹿児島中央間部分開業に伴い、並行在来線である鹿児島本線の一部、八代〜川内間を移管して運営する第3セクター鉄道。営業区間116.9キロは現在青い森鉄道に次ぐ3セク線第2位の長さで、ちほく高原鉄道廃止から青い森鉄道八戸〜青森間移管までの間は3セク線最長でした。運行区間は熊本県と鹿児島県の二県にまたがり、それゆえ人口が少なく流動の希薄な区間も含みます。開業当初より輸送人口の伸びは期待し難かったため、全線電化線ではありますが、車両は1〜2両のディーゼルカーで運行され、この区間の電化は現在専ら貨物列車用となっています。優等列車の設定はありませんが、通勤快速の設定があるほか、八代海・東シナ海に沿う風光明媚な車窓を活かした観光列車も近年運行を始めています。
九州新幹線鹿児島ルートはこの後の平成23年に全通しましたが、並行在来線となる鹿児島本線が3セク移管されたのはこの区間のみ。さらに西九州ルートも長崎本線・佐世保線ともJR残置の予定とあっては、特に新幹線の恩恵を受けなかった阿久根市などはやり切れない思いもあるのではないかと思いますが、JRではできなかった地域密着型の発展を望みたいものです。これは北陸人も共通の願いでもあったりします。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
肥薩おれんじ鉄道線
八代 RC/S 八代市 熊本県 鹿児島本線肥薩線
肥後高田 簡易
日奈久温泉 木造
肥後二見 簡易
上田浦 簡易 芦北町
たのうら御立岬公園 なし
肥後田浦 RC/S
海浦 なし
佐敷 木造
湯浦 簡易
津奈木 合築 津奈木町
新水俣 なし 水俣市 九州新幹線
水俣 RC/S
簡易
米ノ津 簡易 出水市 鹿児島県
出水 RC/S 九州新幹線
西出水 RC/S
高尾野 RC/S
野田郷 木造 阿久根市
折口 簡易
阿久根 RC/S
牛ノ浜 なし
薩摩大川 なし
西方 簡易 薩摩川内市
薩摩高城 RC/S
草道 簡易
上川内 RC/S
川内 RC/S 九州新幹線鹿児島本線
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ