▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山港線の駅INDEXへ
城川原 JOGAWARA
国道沿いの、マンションや店舗に囲まれてひっそり佇む駅。富山港線唯一の交換駅で、かつては車両基地を併設していました。

古い木造駅舎です。駅事務室を覆うように高木が植えられており、葉の茂る夏季にはこの駅舎の半分を覆い隠します。(H17.1撮影)
貫禄のある手書きの駅名板です。 ホームは2面2線。この駅がなければ富山港線は全体が棒線と化します。
構内裏手には保線詰所と駐車場。かつての車両庫の痕跡と思われます。 ホームは構内踏切で結ばれ、冬季にはスリップ防止用にムシロが敷かれます。
七尾駅や猪谷駅など北陸地区の駅でちらほら見られる接近警報機。インベーダーのような表示がランダムに点灯します。 実は木造駅舎は既に解体され、このような仮駅舎となっています。ここに将来富山ライトレールの本社が置かれる模様。
駅データ
駅名 城川原(じょうがわら)
所在地 富山県富山市城川原3
隣駅 ←越中中島 蓮町→
備考 富山ライトレール城川原駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山港線の駅INDEXへ