▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山港線の駅INDEXへ
下奥井 SHIMOOKUI
住宅地の只中にある駅ですが、駅構内に関しては工場と電力会社に挟まれた、ブルーカラーなニオイのする駅です。

妻面に出入口がある木造駅舎。待合室と出札口のそれぞれの入口は分離しています。(H17.1撮影)
駅舎内。無人化されており、券売機が置かれています。 駅舎左辺のゲートのような改札口の様子。
ホームから見た駅舎。手前に張り出しているのは駅事務室ですが、今は空き家ということでしょう。 ホームは1面1線。構内に進入するレールの曲がり具合から、元々は対向ホームがあったことが伺えます。
駅データ
駅名 下奥井(しもおくい)
所在地 富山県富山市下奥井2
隣駅 ←富山口 越中中島→
備考 富山ライトレール下奥井駅へ
ホームはほぼ雨ざらしですが、どういうわけか乗り場からはずれた位置に小さな上屋がかかっています。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲富山港線の駅INDEXへ