▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲氷見線の駅INDEXへ
氷見 HIMI
氷見市の代表駅で氷見線終着駅。新鮮な魚介類、特に冬のブリが有名な街で、その他細麺の氷見うどんなどもある食の街です。漫画家藤子不二夫A氏の故郷で、ハットリ君が街中にいます。

ライトグリーンの鉄筋コンクリート造駅舎。観光案内所が併設されます。駅前はメインストリートから少し外れており寂しい立地ですが、その分あまり込み入っておらず、公園のように整備されています。(H16.5撮影)
駅舎内。この左に観光案内所、右に待合室があります。 待合室の内部。売店があり、ハットリ君のキャラクターが並びます。
ホームは1面2線。右手2番ホームは行止り式で、1日1本だけが使用します。 1番線の向こうには側線もあります。かつて3番ホームがあったのかもしれませんが不明。
路線終端。この先、計画では七尾線羽咋まで伸延計画があったとか。 終端から見た構内。かつては留置線などもあったのでしょう。
駅データ
駅名 氷見(ひみ)
所在地 富山県氷見市伊勢大町
隣駅 ←島尾
備考   
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲氷見線の駅INDEXへ