▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ
浦河 URAKAWA
日高振興局所在地である浦河町の代表駅。沿線の主要駅ではありますが、駅は町の中心からやや東に外れており、駅周囲はやや寂しげです。浦河港や役場は至近です。

沿線では珍しい古めかしい木造駅舎です。前面に大きめの軒があり、入口には風除室があります。振興局所在地代表駅としては小型の駅舎です。(H26.1撮影)
駅名表示は小さな丸太を切ったもの。遠くからはあまり目立ちません。 駅舎内。みどりの窓口が営業しています。改札は行っていません。かつては売店があったようです。
ホームは1面1線です。駅舎からの小屋根がホームにかかります。 ホーム上屋の支柱は廃レールを曲げたもの。これもこれで味があります。
駅舎ホーム側にあった看板。地元高校生の作品だそうです。 棒線駅ですが、対向ホームと留置線のあったスペースがあります。
構内跨線橋は自由通路に転用されています。ホーム側の入口も、直接駅前側に抜けられます。 駅裏手側の入口。ここには特に駅名表示はありません。
駅データ
駅名 浦河(うらかわ)
所在地 北海道浦河郡浦河町昌平町駅通
隣駅 ←絵笛 東町→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲日高本線の駅INDEXへ