▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
石倉 ISHIKURA
町境に近い海沿いの小駅。駅名の石倉の集落は山側にありますが、町境を越えた八雲町の栄浜地区からの利用も多いのではないでしょうか。

待合室のみの簡易駅舎です。屋根が若干飛び出して軒下をつくっていますが、入口の照明を置き、また傘をさす程度の空間にすぎません。(H21.8撮影)
駅前には広い空間がありますが、これは旧駅舎跡も含んでいるようです。今はブイなど漁業関係の資材置き場になっています。 また駅前には昆布も干されていました。駅前の通りの向こうはすぐに海です。
駅舎内から見た駅前。通りの向こうは海。南方を向けば海越しに駒ケ岳が望めます。 ホームは2面2線。元々2面3線のうち2番線が撤去された格好です。
ホームにやたらとあった何かの白いカケラは、貝殻でした。 下り方では丘を巻くように路線が旋回しています。上り方の駅では駅前にあった国道5号はあの丘の上です。
駅データ
駅名 石倉(いしくら)
所在地 北海道茅部郡森町字石倉町
隣駅 ←本石倉 落部→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ