▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
銚子口 CHOSHIGUCHI
大沼北東端の小集落の駅。昭和20年に廃止される大沼電鉄の同名駅を引き継ぐ形で開業した駅ですが、大沼電鉄がその後復活、僅か4年で再廃止となりましたが、その間同電鉄新銚子口駅と並存した歴史があります。

木造駅舎ではありますが、外観に何の意匠性もありません。機能としても待合室のみの簡易駅舎です。(H21.8撮影)
妻面に入り口があります。 待合室内。地元小学生による絵が展示されています。
駅ノートもありました。 ホームは2面2線。構内踏切で結ばれています。
変わった「幅寄せカット」の2番ホーム。どういった意図でしょうか。 構内からは駒ケ岳が間近に望めます。
駅データ
駅名 銚子口(ちょうしぐち)
所在地 北海道亀田郡七飯町字東大沼
隣駅 ←流山温泉 鹿部→
備考 駅ノートあり
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ