▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
流山温泉 NAGAREYAMAONSEN
JR北海道グループの運営する流山温泉下車駅。流山温泉とともに平成14年に開業した新しい駅です。温泉施設の周辺には人家を含めた生活感を醸し出すものはなく、キャンプ場などレジャー施設が併設されています。

駅舎はありません。ホームは鉄骨基礎の簡易ホームで、1面1線。ホームの左に見えているのは200系新幹線車両。北海道新幹線の早期開業を願って保存されたもので、待合室代わりにも使用されたそうです。(H21.8撮影)
駅へのアクセス路。流山温泉の施設内で、右の芝生はパークゴルフ場です。 保存されている200系車両。3両が保存されており、丁度入口を除いた駅ホームとほぼ同じ長さです。
ホーム入口は階段とスロープ。車椅子用の長いスロープですが、ここに至るまでは未舗装路です。 ホームから見た駅前。未舗装の広場です。奥に見える施設が流山温泉。風呂上りに列車で帰るには微妙に離れ過ぎています。
この駅の駅名標は毛筆体を用いたオリジナル様式。2基あります。 停車は下り4本、上り5本。流山温泉には広大な駐車場があり、JR北海道にとっても駅はオマケのような扱いのようです。
駅データ
駅名 流山温泉(ながれやまおんせん)
所在地 北海道亀田郡七飯町字東大沼
隣駅 ←池田園 銚子口→
備考 「保存車両」200系へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ