▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
MORI
函館から渡島半島の突端部の内陸を突っ切り、噴火湾沿いに出た地点の海沿いの駅。森町の代表駅です。函館からはこの駅で折り返す列車が多く設定されています。

小ぶりなコンクリート駅舎。ピザ屋が入店しています。左の2階建て部までが同一躯体ですが、駅事務室エリアです。(H21.8撮影)
駅舎内。この右手に小さなキオスクがあり、森名物のいかめしを売っています。駅前の店でも売っていますが。 ホームは2面3線。1・2番線の間には中線もあります。
駒ケ岳を模した看板に設置された鐘。鐘は北海道の主要駅でしばしば見かけます。思えば大沼公園駅にアレはこの鐘が外れたもののようです。 転回列車も多いため、3番線向こうには多くの留置線があります。
留置線の向こうはすぐ海。羽越線の府屋駅に似た印象ですが、この駅は海との間に道路などはありません。 跨線橋からは駒ケ岳と噴火湾が見渡せます。丁度大阪からのトワイライトエクスプレスが中線を通過していきました。
駅データ
駅名 森(もり)
所在地 北海道茅部郡森町字本町
隣駅 ←駒ケ岳 石谷→
(砂原支線) ←東森
(廃止駅) ←姫川
桂川→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ