▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
大沼公園 OONUMAKOEN
駒ケ岳を望み、小沼と大沼に挟まれた自然公園内の駅。仮乗降場出自の駅ではありますが、現在は大沼公園観光の拠点として特急が停車し、周辺にはプチ軽井沢のような小洒落た町並みが形成されています。

大きな三角ファサードに高く急角度の大屋根、縦長の窓など、西洋風の意匠が特徴の木造駅舎。北海道の名駅舎としてしばしば紹介されているのを見かけます。(H21.8撮影)
駅舎ファサードのアップ。厳密には三角ではなく、辺が緩やかなカーブを描いているのが独特です。 駅舎内。窓口が2つありますが、左側はレンタカーの窓口です。
改札口は「ドア」です。閉鎖時は小さな閂が下ろされます。 ホームは1面1線ですが、しっかりと舗装され、長い上屋がかかるのは、さすがに特急停車駅です。
駒ケ岳を模した看板。あの窓から顔を出すのでしょうか、単にそういうデザインの駅名標でしょうか。 構内には留置線が1線あります。大沼転回の列車が留置されるそうですが、使用されていなさそうです。
駅データ
駅名 大沼公園(おおぬまこうえん)
所在地 北海道亀田郡七飯町字大沼町
隣駅 ←大沼 赤井川→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ