▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ
渡島大野 OSHIMA-OONO
路線がわずかに掠める北斗市の駅。周辺はごく小さな集落です。この余裕十分の敷地環境が功を奏したか、北海道新幹線のルートとなり、将来的に新幹線新函館北斗駅の建設予定地となっています。(H28.3より北海道新幹線接続駅の「新函館北斗」に改称されています。)

大きな三角ファサードが特徴の木造駅舎。古い躯体を全面改修したものではないでしょうか。出窓も北海道の小駅ではよく見るものです。(H21.8撮影)
現駅名改称前は「本郷」という駅名でした。何故か駅前でアピールされています。 そして次の駅名は「新函館(仮)」。仮称なのは当時北斗市と函館市の調整がついていなかったため。
駅舎内。モノが少ないだけに広く感じます。北海道新幹線の解説などが展示されていました。 ホームは2面3線に、中線が1線という広い構内。跨線橋の手前にレンガ積みの倉庫が残っていました。
2・3番ホームは未舗装で、一部ボロボロです。2・3番というより3番は使用されていないようでしたが。 上り特急列車が通過。
駅データ
駅名 渡島大野(おしまおおの)
所在地 北海道北斗市市渡
隣駅 ←七飯 仁山→
乗換 北海道新幹線 新函館北斗
備考 旧駅名:本郷
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲函館本線の駅INDEXへ