▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲芸備線の駅INDEXへ
備後落合 BINGO-OCHIAI
中国山地の奥深くにある山間のジャンクション駅。要衝としてかつては多くの急行列車が発着した駅ですが、今は発着する列車も極めて少なく、併せて周辺もかなり寂れてしまっています。

国道脇の土手上、小路の突き当たりにあります。入口が隅に寄った木造駅舎。大きく取られた駅事務室スペースがかつての栄華を表しています。(H17.5撮影)
駅舎入口。アクセス路と正面のスペースの関係から駅名表示がヨコを向いています。 駅舎は駅事務室スペース大きく、旅客側は外観のわりにそう広くありません。今は無人化されています。
ホームは2面3線。1番線を木次線、2番を芸備線三次方面、3番を新見方面の列車が使用します。 2・3番ホームにも上屋がかかるのは主要駅の証でしょうか。奥に小さな待合室もあります。
ジャンクションの貫禄はこの広い構内にも伺えます。今は全く使用されていなそうな留置線が多数あり、立派な保線詰所なども見られます。 草に埋もれたホーム跡の遺構も見られました。
各方面への列車が勢揃い。いずれも同形式ながら左から木次、三次、津山の色違い車両を使用しています。 国道から見た駅前の様子。民宿風や商店風の家も見られますが、営業しているかは分かりませんでした。民家は10軒あるかなしか。
駅データ
駅名 備後落合(びんごおちあい)
所在地 広島県庄原市西城町八鳥
隣駅 ←道後山 比婆山→
乗換 木次線 油木→
備考
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲芸備線の駅INDEXへ