▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
越美北線
終点九頭竜湖駅停車中のキハ120普通列車
北陸本線越前花堂から、九頭竜線の愛称の通り九頭竜川水系に沿って中部山岳地帯へと向かい、山間の九頭竜湖までを結ぶ路線です。高山本線や大糸線が県境前後でJR他社管轄となることもあり、JR金沢支社管内ではもっとも高原らしい車窓が見られる路線です。全国でもトップクラスのローカル線で、途中の越前大野から先は定期1日5往復のみとなっています。尚、厳密に言えば、路線としての本当の起点は越前花堂駅北方の南福井貨物駅となり、起点を示す0キロ標もその構内にあるようです。
越美北線の名から察せられるとおり、越美南線も存在しており、それは現在第3セクター長良川鉄道が運行しています。もし両線が繋がっていれば東海地区と北陸地区西南部の最短ルートとなっていたでしょうが、それにより幹線として機能したかは疑問で、高山本線のような位置付けになるのが精一杯だったのではないでしょうか。それほど未成区間の山並みは峻険です。また平成16年の集中豪雨により5つの橋梁が流失するなど壊滅的打撃を受けて路線が断絶、存続の危ぶむ声もありましたが、平成19年にめでたく復興しています。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
越前花堂 RC/S   福井市 福井県 北陸本線
六条 なし    
足羽 なし    
越前東郷 RC/S    
一乗谷 なし    
越前高田 なし    
市波 なし    
小和清水 なし    
美山  簡易  
越前薬師 なし    
越前大宮 なし    
計石 なし   大野市  
牛ヶ原 なし    
北大野 なし    
越前大野  RC/S  
越前田野 なし    
越前富田 なし    
下唯野 なし    
柿ヶ島 なし    
勝原 RC/S    
越前下山 なし    
九頭竜湖 新木造  
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ