▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲えちごトキめき鉄道の駅INDEXへ
梶屋敷 KAJIYASHIKI
糸魚川市東側の地区にある駅。周囲はそれなりに独自の街を形成しており、それがまたのどかな雰囲気を醸しだします。手前の糸魚川駅との間にデッドセクションがあり、日本海縦貫線ではこの駅以遠は直流電化の駅になります。

木造駅舎。入口廻りは最近外板補修されたのか、傷みはなくきれいです。回廊のある駅舎です。駅事務室が改修され、左端にガレージがあります。(H27.5撮影)
手書きの駅名板は3セクに受け継がれました。表面が劣化していい味が出てきています。 駅舎内。窓口が残っていますが使用されていません。無人駅です。
ホームは2面2線。カギ型の跨線橋が両ホームを結びます。 駅舎付近のホームはかなり低いです。JR時代は下りがこの辺りが乗り場で、車両との段差が大きかったですが、現在はホーム上り方の嵩上げされている辺りに移動しています。
ホームは、乗り場は千鳥配置ですが、左手の1番ホームが極端に長いだけ。デッドセクションと関係あるのでしょうか。 2番線は途中で途切れおり使用できません。ホームにはネットフェンスが設置されました。
駅データ
駅名 梶屋敷(かじやしき)
所在地 新潟県糸魚川市大字田伏
隣駅 ←糸魚川 浦本→
備考 JR時代の梶屋敷駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲えちごトキめき鉄道の駅INDEXへ