▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ
磐越西線
485系「あいづ」と455系普通列車(会津若松駅)
福島県の浜通地方と会津地方・新潟県を中通地方を介して結ぶ磐越線のうち、中通以西、東北本線郡山駅と信越本線新津駅を結ぶ最南の東北肋骨線。東北新幹線の上野開業までは首都圏直通の特急も走り、また貨物輸送も行っていることなどから、幹線の位置づけとなっています。磐越線として相棒の磐越東線との直通列車はなく、また支線は現在は只見線のみ、孫支線の会津線は第三セクター会津鉄道に転換されています。
路線の性格は大きくは喜多方駅で二分され、以東は福島県の中通と会津を結ぶインターシティ線、磐梯山麓・猪苗代湖畔を辿る山岳電化線で、仙台支社の管轄、また途中会津若松駅でスイッチバックがあります。以西は「森とロマンの鉄道」を愛称に持つ阿賀野川(阿賀川)に沿う非電化線で、新潟支社が管轄しています。電化-非電化の混在するJR線は関西本線や福塩線など、中間に本線ごとスイッチバックする線も石北本線や花輪線など数線ありますが、車窓風景が完全に二分され、共に風光明媚な路線と言えばこの磐越西線と九州の肥薩線が数あるJR線でも代表格と言えるのではないでしょうか。かように運行上、性格上複雑な路線と言えます。電化区間は赤ベコのマスコットキャラをフィーチャーした会津観光キャンペーン、非電化区間は「SL磐越物語号」を集客の目玉として、共に全国区の観光路線として人気の高い路線ではありますが、首都圏〜会津間では東武・野岩・会津の各鉄道を介した新たなライバルも出現しています。

駅名 駅舎 所在地 のりかえ
代表駅 市区町村 都道府県
郡山 RC/S 郡山市 福島県 東北新幹線東北本線磐越東線
郡山富田
喜久田 簡易    
安子ヶ島 簡易    
磐梯熱海 RC/S  
中山宿 なし    
上戸 簡易 猪苗代町  
(臨)猪苗代湖畔 なし
関都 簡易  
川桁 RC/S  
猪苗代 木造  
翁島  簡易  
磐梯町 木造 磐梯町  
東長原  簡易   会津若松市  
広田  新木造    
会津若松 RC/S 只見線
堂島 なし    
笈川 なし 湯川村  
塩川 合築   喜多方市  
姥堂 なし    
会津豊川 なし
喜多方 木造
山都  木造    
荻野  RC/S     
尾登 簡易 西会津町  
野沢  RC/S
上野尻  合築
徳沢  RC/S
豊実  なし 阿賀町 新潟県
日出谷 簡易
鹿瀬  木造
津川 新木造
三川  RC/S
五十島  簡易
東下条  簡易
咲花 簡易 五泉市
馬下  簡易
猿和田 簡易
五泉  RC/S
北五泉  RC/S
新関  RC/S 新潟市
東新津 簡易
新津 橋上 信越本線羽越
駅名をクリックすると詳細へジャンプします。
<凡例> 代表駅;■(都道府県代表駅)、●(市区代表駅)、○(町村代表駅)、△(町村代表駅「らしき」駅)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ