▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲あいの風とやま鉄道の駅INDEXへ
石動 ISURUGI
富山県最初の駅で、小矢部市の代表駅。「いしゆるぎ」から転化したという難読駅。倶利伽羅峠を越えた砺波平野の東端にあり、ここからまた平野部が続きます。

平屋で横に長い鉄筋コンクリート造の駅舎。駅名表示は左辺に小さくあります。JR末期から駅舎の左辺には観光案内所が入っています。(H27.7撮影)
駅舎内。左手に窓口、右手に売店のある待合室があります。改札ブースが並んでいましたが三セク化時に撤去され柵に改修されました。 コンコースとは別室の待合室があります。かつては売店が入っていましたが、閉店しています。
2面3線に中線があります。1番ホームには3セク化後も、希少も希少な駅そば屋があります。 跨線橋から。正面に見えるのは新設されたエレベーター跨線橋です。
構内裏手に保線用の留置線がありますが、面積的にはかつてはもっと多くのレールがあったのでしょう。 構内上り方。奥の山並みが石川県境の倶利伽羅峠。画像を横断しているのは北陸新幹線の高架橋です。
駅データ
駅名 石動(いするぎ)
所在地 富山県小矢部市石動町
隣駅 福岡→
他社線 IRいしかわ鉄道 ←倶利伽羅
備考 「立ち食いそば」麺類食堂へ
「遺構」乗車位置案内へ
JR時代の石動駅へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲あいの風とやま鉄道の駅INDEXへ