▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旧駅舎の肖像INDEXへ  ▲駅と駅構内現新福井駅へ
えちぜん鉄道 旧新福井舎 (平成27年改築)
路線の当初の起点駅ですが駅舎と呼べるべきものがありません、が一応一通りの機能はありました。(H20.8撮影) 駅入口のゲートです。いきなり改札口がありました。末期は無人駅だったのでそのまま通れました。
改札の奥には窓口がありました。位置的に精算窓口だったのでしょうか。これはホームから見ています。右が駅出口です。 ホームは1面2線。左に構内踏切があります。
ホーム脇にJR線が走っているのが見えました。これは北陸本線が地平の時代の画像。奥に見える高架が整備中の高架線です。 北陸本線高架化後の画像。地平の路盤跡に高架がつくられていますが、これが新幹線高架。平成27年より新福井駅が仮移設された高架橋です。
構内踏切の、ホームの反対側。本線の間の路盤上に待合室がありました。 待合室の内部。上下線間にあったので、狭いです。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旧駅舎の肖像INDEXへ  ▲駅と駅構内現新福井駅へ