▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旧駅舎の肖像INDEXへ  ▲駅と駅構内現射水市新湊庁舎前駅へ
万葉線 旧射水市新湊庁舎前 (平成20年改築)
半ガラス張りの、物置のような仮施設のような待合室でした。一応入口側に駅名表示がありました。(H17.11撮影) 待合室内は狭く、無理やり2つのベンチを押し込めているような格好でした。
待合室が狭いためか、木製ベンチが外にも置かれていました。 こちらは上り方面の待合室。旧駅名「新湊市役所前」時代の画像ですが、下り方面待合室と同時期に改築されています。
また駅へ進入するルートが蛇行していました。複線構内だった名残ですが、平成19年にホーム改修と共に直線化されています。 複線構内の名残は上りホームにも。明らかに構内を「詰めた」痕跡があります。架線柱にもその名残りがあります。
構内上り方も櫛形ホームのようになっていました。 これは旧駅名「新湊市役所前」時代の駅舎、というか下り方面待合室。(H16.11撮影)
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲旧駅舎の肖像INDEXへ  ▲駅と駅構内現射水市新湊庁舎前駅へ