▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲くずもの入れINDEXへ
JR九州のくずもの入れその2

九州新幹線 鹿児島中央駅

形状的にはおそらく最新型。新聞・雑誌とその他ゴミが分かれ、3分別となっています。
九州新幹線 新八代駅

「ビン・カン」が「ビン・カン」と「ペットボトル」に分けられ、投入口が丸と四角になっているものもあります。
日豊本線 宇島駅

上部がアーチ状になっている、九州新幹線駅に置かれる新しいものと同型のものですが、色やイラストが異なり、形状も若干異なります。
鹿児島本線 千丁駅

新聞・雑誌と可燃物の2分別のもの。八代市のものですが、ビニール類も可燃と同分別という地区のようです。
日豊本線 宇佐駅

おそらくゴミ分別が厳しくなる以前のタイプ。
鹿児島本線 西里駅

分別以前のタイプを不燃物専用に分別化したもの。
長崎本線 長里駅

これも古いタイプ。「駅はきれい好き」のキャッチコピーですが、それそのものが錆びだらけです。下部にちゃんと社章があります。
久大本線 うきは駅

かなり古いタイプ。新しげには見えますが、「九州旅客鉄道株式会社」のシールの下に「JNR」マークが隠れています。
▲その1へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲くずもの入れINDEXへ