▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲くずもの入れINDEXへ
JR東日本のくずもの入れその3

上越線 水上駅

分別初期の頃のもの。上信越地区に見られ、このシールはしなの鉄道などにも受け継がれて(?)います。
信越本線 横川駅

観光地や温泉地の駅などではこうした宣伝も。いい場所かもしれませんが、ゴミ箱なんですよね…。
奥羽本線 笹木野駅

特に目立ったもののない小駅ですが、このゴミ箱がやけに光っていました。木張りの真新しい分別ゴミ箱。
奥羽本線 米沢駅

左の笹木野駅があのようなタイプが導入されているにもかかわらず、主要駅米沢駅のホームゴミ箱はこんなものが使われていました。
左沢線 寒河江駅

新しい分別ゴミ箱、ですが、ホームセンターで売っていそうです。
釜石線 遠野駅

釜石線仕様の青いゴミ箱。こまめな分別もさることながら、駅名入りというのがまたよいかと。
米坂線 越後下関駅

なんとも朴訥なくずもの入れ。
上越線 六日町駅

わけが分かりません。
▲その2へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲くずもの入れINDEXへ