▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲改札口INDEXへ
JR東日本の改札口その1

中央本線 上諏訪駅

改集札1つずつの改札口。このブースは着座できます。集札は立って行うのは規則なのか?
中央本線 茅野駅

上諏訪駅と同じく着座ブース。構内放送設備もここにあり、駅員さんが着番線をアナウンス中。
信越本線 長野駅

新しい駅舎の広い広場を持つ長野駅。在来改札は自動化されていません。
信越本線 新津駅

新津駅も新しい駅舎ですが、改札口はそう多く必要ないと判断されたのか、改集札1つずつ。
信越本線 新潟駅

妙にオープンな感じがする改札口です。写っていませんがブースはずらりと並んでおり、いきおい駅舎の開口部も大きくなっています。
信越本線 新潟駅

駅ビルからホームの地下道直結の改札口があります。窓口兼も含め、簡易なブースが3つ並んでいます。
信越本線 長岡駅

改札1つ、集札3つという長岡駅の改札口。改集札で向きが異なっています。
上越新幹線 長岡駅

長岡駅も新幹線改札は自動化されています。改集札2つずつとなっています。在来改札の内側にあります。
※このページの各駅の改札口は現在は自動化されています。
▼その2へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ ▲改札口INDEXへ