▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ
輪島 WAJIMA
奥能登最大の観光地輪島市の代表駅でした。この駅から北側の海縁へかけて輪島の市街地が展開していた、まさに玄関口のような地点にありました。現在跡地は道の駅「ふらっと訪夢輪島」となり、バスターミナルなど今でも観光の拠点となっています。駅舎は解体されましたが、道の駅にみどりの窓口が設置され、壁面に当時の輪島駅の駅名板が掲げられている点など、鉄道駅の痕跡は随所に見られます。

現役当時の輪島駅舎。一部2層の鉄筋コンクリート造駅舎でした。壁面に見える3つの黒い四角のタイルが、現在道の駅でも復元されている駅名板です。(H13撮影)
最終時点ではホームは1面1線で、2・3番ホームはただの盛り土となっていました。 七尾線の路線終端。この向うは市街部で、海まではもう少し距離があります。
盛り土となった2・3番ホームには小さな灯篭と有名な駅名標が。たしかにこのまま延々と進めばシベリアなのですが。 こういう駅名標もありました。輪島市の朝市もよく知られていると思います。
これは現在の様子。道の駅の大きな建物の裏側、かつて線路のあった箇所には小さなホームとレールが置かれています。「シベリア」の駅名標も復元されています。 こちらも道の駅の建物にある駅名。当時の駅舎のものも確かにこんな感じでした。(もう少し特徴的な書体だった気もしますが。)
駅データ
駅名 輪島(わじま)
所在地 石川県輪島市河井町
隣駅 ←能登市ノ瀬 シベリア
備考 「廃線・廃駅」H28.6時点の駅跡
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ