▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ
能登市ノ瀬 NOTO-ICHINOSE
三井町の集落から小さな峠を越え、輪島市の市街部に入る手前、河原田川のほとりの小さな集落にあった駅です。

木造駅舎。駅事務室スペースに窓もないのっぺりとした外観です。これは現在の姿。駅名板が外されている以外はほぼ現役当時のままですが、能登三井駅と異なり特に保存はされておらず、隣の便所共々閉鎖されています。(H16.5撮影)
駅の隣には、これまた古い消防団の倉庫があり、いい味を出していました。 現役当時はこのような駅名板が掲げられていました。新しい、ごく普通のものです。
現役最終日の能登市ノ瀬駅。カメラを持った人たちで賑わっています。1面1線の駅でした。 そして現在のホーム。線路は撤去され、駅名標も枠を残して外されています。
駅データ
駅名 能登市ノ瀬(のといちのせ)
所在地 石川県輪島市市ノ瀬町
隣駅 ←能登三井 輪島→
備考 「廃線・廃駅」H28.6時点の駅跡
右上の画像の反対方向。この線路跡は何かに利用するのでしょうか。サイクリングロードにするには少し険しい。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲路線INDEXへ  ▲のと鉄道廃線区間の駅INDEXへ