▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲廃線・廃駅INDEXへ
由利高原鉄道鳥海山ろく線 矢島駅旧駅舎

由利高原鉄道の終点駅矢島駅は本社併設の巨大駅舎ですが、その駅舎脇に国鉄矢島線時代からと思われる旧駅舎が解体されず残っています。残っているとは言え開放され待合や展示コーナーに活用される訳でもなく、駅や本社事務室となる訳でもなく、どうも本社の倉庫・車庫として使用されているようです。車庫としてなら解体した方が有効だろうに、と皮肉っぽく見ていたのですが、どうやら平成25年、本当に解体されることになったようです。(H18.5撮影)
雪国らしい大きな風除付き車寄せ。奥に売店跡のような窓口も見えます。 集札口跡も車庫になっています。この奥は現役線があります。
旧駅ホーム。その若干上り方に嵩上げされた現役ホームがあります。 現ホームから見た旧ホームと旧駅舎。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲廃線・廃駅INDEXへ