▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲廃線・廃駅INDEXへ
国鉄湧網線 計呂地駅

湧網線は遠軽北方の名寄本線中湧別と網走をサロマ湖・能取湖沿いに結んだ、いわゆる構想としてのオホーツク縦貫線の一部で、JR発足直前の昭和62年に廃線となりました。計呂地(けろち)駅は中間の主要駅の一つで、昭和初期の路線開業時には中湧別からの終点駅として開業しました。現在駅舎は湧別町に管理され「計呂地交通公園」としてライダーハウスの事務所にも活用されています。
国道沿いの「計呂地交通公園」の巨大看板。ライダー向けのものでしょう。奥が駅舎です。 駅舎は管理者に連絡しての入場で、裏手側が入口となっています。ライダーハウスの申し込みもここのようです。ポイント梃子も残っています。
構内には島式ホームと2線+側線1線が残されており、SLと旧型客車が保存されています。客車のうち1両はライダーハウスです。 駅名標。廃止後に製作されたものではないでしょうか。ちなみに隣駅の「とこたん」は床丹、「ばろう」は芭露と表記します。計呂地もそうですが、いずれもアイヌ語由来です。
跨線橋が残されている、訳ではなく、明らかに車両がくぐれないもので、構内裏手への、公園としての通路でしょう。またホームには大きな石碑があります。 尖塔のような施設がありますが、宿泊関連の施設でしょう。給水塔を模しているのかもしれませんが。
当時の現役だったのか、移設保存なのか不明ですが、腕木式信号機も残されています。 サロマ湖に近く、サンゴ草群生地まで300メートルです。散策拠点にも良いようです。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲廃線・廃駅INDEXへ