▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲駅名表示板INDEXへ
JR北海道の駅名表示板

函館本線 札幌駅

天吊型内照式の駅名標。白字にコーポレートカラーの黄緑ラインが入ります。特徴なのは駅ごとにナンバーが振られており、それが表示されていること。札幌駅はトップナンバーです。
宗谷本線 稚内駅

矢印は基本的に両向きですが、行止り駅では片矢印となります。駅番号は、宗谷本線は永山駅以北は「W」がつきます。
千歳線 平和駅

天吊内照式の駅名標には下部が黄緑色で塗り潰される様式のものもあります。この駅名標、両側に向けて凸型に膨らんでいますが、この様式独特のもの。他社でもあまり見かけない形状です。
宗谷本線 問寒別駅

通常の自立式駅名標は様式は内照式のものと同じ。尚宗谷本線では近年廃止駅が出ていますが、駅番号はきっちりと詰められています。
宗谷本線 多寄駅

駅施設全般が新しい多寄駅の駅名標。枠自体も新製のようですが、茶色に塗られています。多分特に意味はないでしょうが。駅名標を照らす蛍光灯もついています。
宗谷本線 音威子府駅

鉄板のものでも天吊のものもあります。あまり多くはないようです。
宗谷本線 比布駅

補助駅名標は紺地に白文字という国鉄様式を受け継いだものですが黄色の縁取りが入ります。スポンサーがサッポロビールなのも道内共通のようです。
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲駅名表示板INDEXへ