▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲銅像INDEXへ
駅前の銅像(動物系)その10
動物、というか「想像上の生き物」の銅像です。天狗や河童、鬼などにまつわる伝承のある地に見られます。うち河童は各地に多いように思います。中には「想像上の生き物」と呼ぶにははばかられるものもありますが…。

JR釜石線 遠野駅

カッパ渕という河童の出るという伝承のある地のある遠野。駅前にカッパ渕が再現されています。冬の日は河童にマフラーが巻かれていました。
JR奥羽本線 高畠駅

まほろばの里を名乗る地。まほろば河太郎一家の像。最上川の上流、松川の渕にいたとされる河童の一家です。
青い森鉄道 八戸駅

八戸駅前の、想像上の生き物というのもちょっとはばかられますが、人魚像。池の中央にあります。
JR日南線 大堂津駅

小さな駅前にドギツイカラーの人魚像。全国レベルでもインパクトの大きな駅前オブジェです。「海の乙女像」のタイトルです。
JR湖西線 近江高島駅

巨大なガリバー像。ガリバーが多くの帆船を曳き、ガリバーの正面には小人のいるお城のモニュメント時計があります。…想像上の生き物かというと、ガリバーは普通の人間なのですが。
JR宇野線 茶屋町駅

鬼の像。「茶屋町と言えば鬼」と紹介されるほどで、茶屋町の鬼祭りが名物です。
JR上越線 沼田駅

沼田駅の裏手側。自由通路で結ばれる駅前公園にある天狗像。沼田も天狗が有名です。
▲その9へ
▲鉄道雑学研究所北陸支所トップへ  ▲銅像INDEXへ